引越しの為に用意しておく物

引越しの準備でまず必要なのはダンボールではないでしょうか。
他にもエアーキャップ(プチプチ)やミラーマットなどといった緩衝材もありますが、それらは新聞紙などで代用できます。

引越業者と契約すると必要な数、または○○枚無料といった形でダンボールをいただけます。最初から別料金としているところもあります。無料サービスとなっていても、実は無料でダンボールをもらっているのではないのです。

DIYセンターなどでダンボールを探してみてください。だいたい1枚200~300円ぐらいで売られています。数十枚揃えるとなると、あっという間に数千円、1万円を超えてしまいます。大量に仕入れることで割安にしている業者であっても、それらをすべて無料で提供できるほど太っ腹ではありません。

見積もり書や契約書にダンボール料金として表示されていないだけで、引越料金にはこのダンボール料金がしっかりと入っているのです。

そのダンボールを自分で用意した場合に引越料金に影響するのでしょうか?答えはYESです。見積もりをした後に、「ダンボールは必要ないのでその分割引してください。」と引越業者に聞いてみてください。間違いなく引越料金は下がるはずです。

問題はその割引の幅です。無料で50枚のダンボールを差し上げたとして金額に換算すると、1万円を超える計算になります。お客さんからそういった申し出があった場合、1万円程度見積もり金額から引越料金を下げても採算は合うことになります。

ダンボールをもらわないことで引越し料金が1万円以上割引されるのであれば、考えてみる価値はあります。しかしそうするとなるとダンボールは自力で調達する必要があるので大変です。たいして割引されないなら、引越業者の無料ダンボールをそのままもらってしまうのも方法の1つです。

しかし割引率が大きい場合、いくつか引越料金を抑える方法があるので検討してみてください。ひとつはスーパー、お店などから空ダンボールをもらう、という手です。しかしこれには箱の強度が弱い、サイズがバラバラで扱いにくい、取っ手や隙間などから小さな荷物が紛失する可能性があるなどのデメリットがいくつかあります。

引越作業員からの評判もあまり良くありません。何より数を揃えるのが大変です。

ふたつめは引越業者の古ダンボールを使う、という手です。引越し用のダンボールというのはとても丈夫なもので、通常の引越しであれば3回程度は問題なく使用できます。

「古ダンボールをください。」と言えば、おそらく無料か格安で引越業者から手に入れることができるはずです。しかし誰が使用したか分からない、何が入っていたのか分からない、匂い移り、荷物の汚れ等の問題が発生するというデメリットもあります。そういったことが気にならないのであれば、古ダンボールの利用もいいかもしれません。

最後は新品のダンボールを自分で揃える方法です。これはダンボールを実費で提供する引越業者と契約した場合にもおすすめの方法です。

無料でもいくつかもらえるところがあるので、いくつかは無料でもらって足りない分を自分でそろえるのもいいかもしれません。少量であればDIYセンターなどで購入してもいいでしょう。

しかし数十枚は必要というのであれば、インターネットで購入することもできます。一定枚数以上の注文であれば、配達も無料になるケースもあるようですのでこういったサイトを利用するのも賢い選択かもしれません。

意外にあまり気にしていない梱包資材、ダンボール箱は、いろいろと調達の方法があります。
何の検討もせずに用意してしまって後悔する…なんてこともあるかもしれません。

Copyright ©  引越し準備と引越し業者の見積もり比較 All Rights Reserved.