引越し費用のポイント

引越し業者に依頼する際の見積もりで料金のポイントをいくつか紹介します。
実際には無料で見積もりを取り寄せられるので、利用するかどうか見積もりを取ってから決めても構わないと思います。

○引越し先の距離
引越し先の距離はどれくらいかによって変わります。
もし、引越先が長距離で、二日がかりの引越しになると引越し料金も一気に上がります。

○引越し先(または今の住まい)の形態は?
マンションの高層階と低層階や戸建てでは引越し費用もかわってきます。

○引越しの日時
引越しが平日なら安くなりますが、やはり祝日や土日は高くなります。
土日、祝日は平日に比べて、料金は2~3割くらい高くなってしまいます。
また時間指定も、午前の便よりも午後の便の方が安くなります(その代わり時間が遅れる場合あり)。引越しする曜日はできるだけ平日、さらに午後の便を選べば、繁忙期でも多少は安くすみます。

また、3月末~4月初の引越しシーズンには格段に引越し費用は高くなってしまいます。その時期を避けると費用を安くできます。

年間の引越し件数の8割が3月末~4月初めに集中していると言われています。
さらに「大安」の日は引っ越し代金は若干高く、「仏滅」の日は逆に若干安くなります。昔から仏滅に引越しをするには不吉であるという観念があります。引越し業者側から見れば忙しくないときです。迷信などにこだわらない人は、仏滅に引越しをする事で料金を抑えられます。

引越し業者は時間を指定しなければ料金を安くすることができます。時間を指定しなければ、引越し業者も人員の配置等がやりやすくなり作業効率が上がり、その分コストも下げられるからです。時間に余裕があれば、業者の都合に合わせましょう。

○特殊な荷物
大きな家具やピアノなどはやはり高くなります。

○梱包
もちろん、自分ですれば安くなります。
引越の梱包や荷解きを自分でするのか、それとも引越業者に依頼するのかによって、引越しの費用も大きく変わってきます。もちろん自分で梱包をする方が安くなります。

梱包作業や荷解き作業は、大変な肉体労働ではありませんが、手間のかかる作業です。ですから梱包や荷解きを引越業者に依頼するとなると、費用面でもかなり大きなウェイトをしめてきます。
引越の費用を節約するためには、梱包・荷解きは自分でしたほうがいいでしょう。
また、梱包・荷解きを自分でするメリットは、費用の節約だけではありません。

自分で梱包をしながら荷物の整理もできます。不用品の処分もできます。
引越しは長年ため込んだ持ち物を整理する絶好の機会です。それを、梱包まで業者にお願いしてしまうと、不用品の処分などの整理ができません。

○荷物の量
もちろんのことですが、荷物が多いと引越し料金は高くなります。
引越業者が見積もりする時の基本的な考え方として、荷物の量によって値段が増減します。
特に重たい荷物(家具・冷蔵庫・洗濯機・ピアノ等)は料金が高くなりますので、不要な物は引越し前に処分してしまえば、無駄な費用を抑えられます。

余談ですが、家具やエレクトーンなどは、粗大ゴミとして捨てずにネットオークションで売ると、結構な値段で売れることも多いです。不用品回収業者やリサイクル業者に買ってもらうこともいいでしょう。
一人暮らしなどで荷物が少ないなら宅急便のほうが安い場合もあります。

Copyright ©  引越し準備と引越し業者の見積もり比較 All Rights Reserved.