引越し業者を選ぶポイント

引越業者を選ぶにあたってのポイントは、多くの人が「料金が安い」「サービスが充実している」「保証がある」の3つです。

初めて引越をする方は、どこの引越業者に頼んだらいいのか、どんなふうにポイントを見分ければいいのかむつかしいと思います。

そこで、まず最初にいろんな引越し業者から「引越料金」の見積もりを出してもらうことから始めてみましょう。そして見積もりの際に自分の気になっていることを聞くといいでしょう。

自宅に見積もりに来てもらうことがオススメです。自宅に来てもらうと、より正確な見積もりをしてもらえます。社員の態度で会社の姿勢もわかることが多いです。


大手の引越業者の場合だと、見積もりを行う際に自宅へ訪問してくれる場合がほとんどです。見積もりを行う社員の態度などを気にして観察したりしていると会社の様子も分かってきたりします。
訪問してきた社員の態度がいくら良くても、サービスがなかったらがっかりです。見積もりの際にどこまでサービスを行えるか聞いたりして、細かいサービスや補償についてしっかり説明できる業者を選ぶのも重要なポイントです。

個々で希望は違っていると思います。例えば、「梱包から引越後の荷解きまで全て引越業者に行ってもらいたい」という方や、「梱包は自分でやるので荷物だけを運んで欲しい」などさまざまあると思います。自分がどのような引越の仕方を考えているのかもまとめておくことも大事です。

安心して頼める引越業者のポイントとして、

・大きな家具などの梱包はきちんとしてくれるか?
・引越先の建物に傷がつかないように保護などをしっかりしてくれるか?
・荷物や万が一の事故の場合の補償はきちんとしているか?
・国土交通省に定められている引越約款を提示しているか?
・引越の際の手順を詳細に説明してくれるのか?
・運送保険に加入しているか?
・引越料金の内訳がはっきりしているか?
・サービス内容は自分の希望とあっているか?
・営業マンのマナーはどうか?
・口コミ情報での評判は悪くないか?
などを重点にいくつか引越業者を選ぶといいと思います。


婚礼家具や新しい家具、高価な絵画、美術品、高価な食器類の多い方などは、大手の引越センターをお勧めします。料金はすこし高くなってしまいますが、梱包内容など、安心できる内容で手配してもらえます。

お子さまが見える方でお子様が大きくなった方などは、家具も傷が付いたりしているようなら上記のような梱包は必要ないので、中小の引越センターで充分だと思います。料金的に2割か3割ほどお安くなります。

一人暮しの方や、大きな家具の無い方などは、地元の小さな引越センターや、軽トラックの運送屋さんなどに頼むと良いと思います。

Copyright ©  引越し準備と引越し業者の見積もり比較 All Rights Reserved.