午前便と午後便の違い

引越しには朝一番から引越作業を開始する午前便と、あまり時間指定のできない午後便、またはフリー便と呼ばれるものがあります。

同じ条件での引越しの場合、午後便を利用した場合、まれに午前便の引越料金の半額程度にまで割引される場合もあります。

フリーはフリータイムの意味ですが、荷主が好きな時間を選択できるという意味ではありません。引越業者が都合のよい時間に引越作業に伺うという意味です。

引越業者の当日のスケジュールに合わせて、午後だけでなく午前になる場合もあります。

ただし条件によっては午前便しか利用できない場合や午後便を利用する際にはデメリットがになる場合があることも知っておく必要があります。

午後便イコール安くてお得というイメージが強いですが、条件をしっかり把握して利用することが大切です。


トラックを何台も使用するような規模の大きな引越しは、朝から開始しなければその日のうちに終わりませんから、こういった引越しの場合には引越業者から午前便として指定されます。また引越しを明るいうちに確実に終わらせたいといった場合にも、午前便を選ぶ方がいいです。

それら以外の中規模、また比較的規模の小さな引越しで、引越料金が安くなるなら何時になってもかまわないといった条件を受け入れられるのであれば、午後便、またはフリー便を利用する価値は大いにあります。ただし、引越作業開始時刻は引越業者のその日のスケジュール次第ということになります。忙しい時期などでは夕方からどころか日付が変わってから作業開始といったケースもまれにですがあります。

午後便というのは午前便を終えたトラックが予定されている午後便へ向かうというしくみになっています。そして午後便の1件目、2件目といった具合に予定が組まれます。午前便が長引けば長引くほど、また1件の引越しが長引けば長引くほど、最終に予定された午後便の開始時刻は遅くなっていくのです。

当日のそれぞれの引越しの内容次第ですが、順調に終わることもあれば、思いがけず時間がかかってしまうこともあります。

特に繁忙期と呼ばれる時期に午後便を利用する場合は時間が遅くなるかもしれないということを覚悟しておいたほうがいいいでしょう。


見積もり時に営業マンは「そんなに遅くはなりません」とか「明るいうちにはお伺いします」というようなことを言うと思います。でも、現実には順調に終わる引越しというのは数が少なく、時間がかかってしまう引越しのほうが圧倒的に多いです。これは荷主の引越しの準備が整っていないことが多いのが大きな原因です。荷造りをきちんとしておかないと、引越業者だけでなく、他の引越しする方にも迷惑をかけてしまうということです。

好き好んで夜中に伺う引越業者はいません。その時間にならざるを得ないということも、午後便にはあるということです。何時になるのか分からないような引越しでは困る、といった場合には午前便を利用するようにしましょう。

午後便についてデメリットばかりというわけでもありません。繁忙期以外であればそれほど遅くなることは少ないようです。午前便が順調に終われば、お昼過ぎからスタートできるような場合もあります。今の時期はどうなのかといったことを引越業者の営業マンに見積もり時に確認しておきましょう。引越作業が深夜にまで及ぶ可能性がある場合などはご自身のみならず、隣近所へも引越し早々迷惑をかけることになり、極力避けたほうが無難です。

同じ作業内容であっても午前便と午後便では、なぜ大幅な料金の格差があるのでしょうか。またその料金の格差がいかにして生み出されるものなのか、疑問に思う方も多いと思います。実はここには引越しを依頼する側だけではなく、引越業者にとっても都合のいいからくりがあるのです。

引越業者はあらかじめ、トラック1台1台にグロスという数値を設定しています。呼び名は異なるかもしれませんが、他業種にも同じようなしくみがあります。

これは簡単に言ってしまうと、トラック1台が1日に売り上げる金額のことです。

グロスが30万円に設定されていれば、30万円の引越しを1件やるか、10万円の引越しを3件やるかといった具合になります。またこれはある1日に対してではなく、1ヶ月、1年といった長い期間の中での1日という大きなスタンスで捉える必要があります。


時間のかかる規模の大きな引越しでは、1台のトラックが1日にこなすことのできる引越し件数は当然少なくなってしまうので、引越料金は高く設定されます。

つまり引越業者は午前便である程度グロスを確保しておき、その後に午後便の数をこなすことでトータルのグロスに到達させるということです。引越作業の現場では作業員がバタバタと走り回っているのをよく見かけますが、これはこのグロスを確保するために引越し件数をこなす必要があるからです。


こういったことから引越料金と時間というのが密接な関係にあることがわかります。この場合の時間というのは、移動時間を含めた引越し車両と引越作業員の拘束時間のことです。拘束時間の長い引越しは高く、拘束時間の短い引越しは安くなるということです。

引越業者としてはこの1件の引越しの拘束時間が短ければ、数をこなすことができるわけで、トータルで1日のグロスに達すればいいわけですから、極論として1件あたりの引越料金は問題ではないということになります。引越料金を下げてでも数をこなすことで、充分に利益を生み出すことができるわけです。ここに午後便の安さの秘密があるのです。

つまり引越業者にとっては足の出る料金設定も、午後便には有り得るということです。最低ラインというのはどの引越業者も設定していると思われますが、本来設定されるべき料金というのはここではあまり意味を持ちません。交渉次第では大幅な割引が期待できます。

しかし数をこなすためにはそれなりの時間も必要になるので、ほとんどの業者では午後便、またはフリー便については作業開始時間の指定や約束には応じないようです。引越業者の都合に合わせての引越しになるのでその見返りとして、引越料金を割引するというしくみです。

引越業者としては最大限に時間を利用して売り上げを確保することができ、時間のリスクを別とすれば利用者にとっても最も低価格でできる引越しの方法のひとつといえます。しかし、引越し繁忙期など引越業者にとってはかきいれ時の時期に時にパンクと呼ばれる、供給が需要に追いつかない状態になった場合、真っ先に影響を受けるのが午後便、またはフリー便であることも確かです。また、疲労もたまっていると思われるので、ミスが発生しやすくなったりという可能性もあります。これはフリー便も同じです。そのへんのリスクを考えた上で契約したほうがいいでしょう。

非常に魅力的な午後便ですが、引越作業開始時間の指定はできないし、デメリットもあるので利用するにあたってはリスクもつきまとうことも理解しておく必要があります。

Copyright ©  引越し準備と引越し業者の見積もり比較 All Rights Reserved.