ご祝儀は必要?

引越作業員にご祝儀(チップ)、または心づけは必要かといったことはみなさん悩まれることのひとつです。結論から言ってしまえば、必要ない、と言いたいところですが、実はご祝儀には引越しをスムーズに進めるための見逃せない意外な効果もあるのです。

ご祝儀はいただくととても嬉しいものです。自分の仕事が認められたと感じる瞬間でもあります。何より引越作業員も人の子です。もらって嬉しくない人はいません。しかし会社の経営側としては必要ありません、と言わざるをえません。ここが難しいところです。

ご祝儀が必要か必要でないかを別として、引越作業員にご祝儀を渡すと変化するものがあるのです。まず引越作業員のお客さんに対する言葉遣いや荷物の扱いが格段に向上します。何より引越作業員の笑顔が増えることは言うまでもありません。これは自分が引越作業員であったらどうかを想像すると考えやすいかと思います。


引越しというのは数ある運送業種の中でも、最も過酷な重労働のひとつです。真夏には一日に何リットルという水分補給が必要ですし、真冬でも汗だくになりながらの作業となります。

作業の合間に飲むジュース代ぐらいは必要です。もちろんご祝儀が必要か必要でないかは別としてです。

金額の大小といったものも関係ありません。お金でなくても、ジュースの差し入れやお弁当でも一緒です。自分たちに良くしてくれる人にはこちらも精一杯お返ししようという、頑張り度のようなものが違ってきます。引越作業員としてというより、人間としての心理的な作用の変化といえばいいでしょうか。

現場の引越作業員からしてみれば、ご祝儀は出なくて当たり前、出ればラッキー、程度にしか思っていません。さきほどのような心理的な効果はあるにしろ、ご祝儀が出ないからといって作業自体がいい加減になるということはまずありえません。よりスムーズになる可能性があるということです。悩むようであれば、出す必要はないでしょう。もし、本当によくやってくれたと思えたのであれば、最後に渡すのもいいでしょう。

参考としてですが、金額についてはひとり500~3.000円程度が平均です。またタクシー料金のお釣りと同じように、引越料金を精算する際に「お釣りはみなさんで・・・。」といった形でのご祝儀も結構あります。

もし最初からご祝儀を出す予定があるのなら、作業開始前に引越作業員ひとりひとりに手渡すことをおすすめします。そうすることで引越作業員に「ちゃんとやらなきゃ。」という意識を再認識させることができるのです。

結局のところ、ご祝儀をするかどうかは個人の考え方でいいのではないかと思います。最近では引越作業員がそういったものを受け取ることを一切禁止している引越業者もあるようです。

Copyright ©  引越し準備と引越し業者の見積もり比較 All Rights Reserved.