転居先での手続き

引越しが完了してもまだ手続きは残っています。
早めにしっかりやっておきましょう。

●ご近所へあいさつ回りをする。

●引越しの挨拶状を送る。

●役場への手続きをする。


【国民健康保険について】
旧住所の市区町村役所へ保険証を返納し、転居先の市区町村役所で新たに発行してもらいます。転出、転入届と同時に手続きしてしまいましょう。転入後14日以内に手続きしなければなりません。印鑑(認印)が必要です。

【国民年金について】
転居先の市区町村役所で転入後14日以内に手続きしなければなりません。印鑑(認印)、年金手帳、領収書または払い込み済み期間を証明するものが必要になります。

【転入届について】
転居先の市区町村役所へ転出証明を提出します。転入後14日以内に手続きしなければなりません。印鑑(認印)が必要です。

【印鑑登録について】
旧住所の市区町村役所へ印鑑登録証を返納し、転居先の市区町村役所へ新たに登録します。転出、転入届と同時に手続きしてしまいましょう。登録には登録印が必要です。


●運転免許証の住所変更をする。

【運転免許証について】
転居後早めに最寄の警察署で手続きします。免許証と新しい住民票が必要です。
都道府県が変わる場合には写真も必要です。

【自動車について】
転居後15日以内に管轄の陸運事務所で手続きします。新しい住民票、印鑑、車体、車検証、自賠責保険証、自動車税領収書、自動車保管場所証明書が必要です。
軽自動車の場合には軽自動車検査協会で手続きします。

【原付】
旧住所の市区町村役所に廃車届を提出し、廃車控をもらいます。ナンバー、車両番号交付証明書、印鑑が必要です。転居後15日以内に転居先の市区町村役所で住所変更の手続きをすると、新しいナンバー、車両番号交付証明書が発行されます。印鑑が必要です。

●転入学届けを出す。

●自動車の登録変更をする。

Copyright ©  引越し準備と引越し業者の見積もり比較 All Rights Reserved.