転居先の引越し作業

転居先では作業を始める前に、廊下の曲がり角や壁などにキズがつかないよう養生という作業をしてもらいましょう。大きな家具や荷物の少ない場合には省かれることもありますが、新築の場合やマンションなどによっては管理人から求められる場合があります。いずれにしても養生しておくに越したことはありません。

大きな家具は一度設置してしまうと移動することがむつかしいので、よく考えて設置してもらいます。移動したい場合には他の荷物で移動できなくなってしまう前に、できるだけ早く作業員に相談します。荷造りしたダンボールにはあらかじめ行き先を記入しておくと、指示する手間が省けるし、作業員の人もいちいち聞かなくてもいいので便利です。

【引越作業が終わったら】
一番確実なのはトラックが空になっているか見せてもらうことです。本棚や食器棚の棚板やガラスなど、すべて揃っているかチェックしましょう。家具にキズがついていないかもチェックします。通常使用していてついてしまうようなスリキズ程度はある程度仕方のないものです。へこみや角のつぶれなどは引越業者のミスが考えられます。作業責任者と一緒にすべての家具をチェックすることをおすすめします。万が一傷などが見つかった場合には、その対応をきちんと聞きます。

誠意をもって対応してくれるところだといいのですが、そうでないところもあるようです。その場で納得のいく説明を受けられない場合には、その業者のクレームや事故担当者と話し合う必要があります。たいていは同程度の物との交換や程度に見合った金額が支払われることで解決するようですが、あまりに悪質と思われる場合には消費生活センターや全日本トラック協会に訴えるという方法もあります。しかし解決までに多大な時間と労力を必要としますので、まずは引越業者の責任ある人間と感情的にならずに、冷静に話し合っていくことが必要です。

これは引越業者の引越作業員の人の意見ですが、どんなに丁寧な荷扱いをしてもすべての荷物をまったくキズをつけずに運ぶのは不可能に近いようです。物というのはいつか必ず壊れるものです。引越しというのは一度に多くの荷物を動かすので、その可能性も必然的に高くなってしまいます。物が壊れて当たり前というのでは困ってしまいますが決していい加減な作業でのみ荷物の破損や事故が起こるものではない、ということもご理解いただければと思います。

Copyright ©  引越し準備と引越し業者の見積もり比較 All Rights Reserved.