箱詰めの基本

箱詰めの基本は、軽い物は大きな箱に、重い物は小さな箱に入れることです。

また積み重ねを考えて隙間なく積めるのがコツです。空いてしまった隙間には新聞紙などを丸めて詰めると、積み重ねに対して強度が増します。

また、あまり重たすぎるのダンボールは、引越作業員も持つのが大変です。

持つことができても底が抜けてしまうので、本やアルバムなどを箱詰めするときには隙間無く詰めることと、重さのことを考えて詰める必要があります。

ダンボールに何を入れたか書くと荷解きのときにすぐ分かるので便利です。


また引越し先ですぐに使うようなもの、タオルや石鹸、下着、靴下などの日用品は引越し先でもすぐに必要になります。ある程度まとまった数を入れておくといいでしょう。ダンボールに詰めてしまうと、どこに入れたのか、忘れてしまい、また見つけるのも苦労します。

引越し当日まで必要な物・貴重品等を入れる専用の箱や袋を用意しておくと便利です。


引越し業者は基本的に貴重品や危険物・ペット等生き物の輸送をしていません。

ですので、もし貴重品が荷物に紛れてしまって、盗難や事故等の被害にあっても引越し業者の保証対象外となり、自己責任となってしまいます。貴重品や大切な物は専用の箱や袋に入れて自分で運ぶようにしましょう。

貴重品の中には株や有価証券、骨董品なども含まれます。もしご自身で運ぶことが出来ないような荷物の場合は、宅配便等の貴重品輸送サービスを利用するか、引越し業者がオプションで用意しているサービスを利用すると便利で安心です。

Copyright ©  引越し準備と引越し業者の見積もり比較 All Rights Reserved.