まずやるべきなのは安い引っ越し業者の確保です!!
単身引越しパックが一番お得だと思っていませんか?

独り身での引越しで一番よく使われている人気のサービスが クロネコヤマトの単身引越しパックとなります。

しかし、意外とこのサービスにも落とし穴がある。なぜならばこのサービスが一番だと思いこんでいて、直接引越し業者に申し込んでしまう方が多いからです。

いや、これは本当におすすめしません!!なぜならば引越しの一括見積もりをすることで、単身引越しパックであってもすごい安い値段でいけることも可能となってくるからですね。家族引越しのように数万円とまではいかないかもしれませんが、1万円ぐらいは変わってくると思います。

手間がそこまでかかるわけでもないし、絶対に申し込んだほうがお得だと思いますよ。

引っ越しが決まったらこちらをチェックしましょう

できることならすぐにでも

"今の物件の話です。 私達家族は主人の仕事で数箇所転勤、引越しをしてきました。 ここに引っ越してきたのも他県からです。 なので引越し先を自分たちで見て回ることはできませんでした。 でも、主人の会社からは車で10分とかからない、 対面キッチン、シャンプードレッサーに駐車場2台分。 当時、築3年でした。 設備はいいのです。 ただ、引っ越して1年すると壁紙が浮いてくるわ、 天井と壁が隙間が見えてくるわ、風呂場のパッキンははがれるわ・・・・・ まだ3年目でこの状態。 引っ越して今年で6年目。 床と壁の隙間も出てくる、ドアは壊れる。 近所の方に聞くとここは元々田んぼだったらしく、多分地盤が緩いのに建つまでが早かったそうです。 確かに回りは田んぼ。 夏になるとかえるの大合唱。 かえるの合唱までは許しましょう。 蜘蛛や虫が多いんです。 ベランダも蜘蛛がたくさん糸を張るから洗濯物干す時はベランダの天井をほうきでささっと蜘蛛をのけて干さなければいけないし、今年はどこから入ってくるのか「やすで(むかでのちっちゃいような虫)」が部屋に入ってきている。 これはうちの部屋だけではないようで他の住人の方にも聞いてみるとやっぱりすべての部屋で起こってるようです。 玄関のドアが開けにくくなったり、部屋のドアが閉まらない。 本当、参ってしまいます。 それに付け加えるかのようにこの町自体の水道、ガスといったライフラインの高いこと! 町自体が田舎で年寄りが多く、しかも借金が多いこと。 できることならすぐにでも他に移りたい。 でも、引っ越す資金がないので仕方なく住んでいるといった現状です。 みなさん、引っ越す時には物件も大事ですが、そこの自治の現状も把握しておいた方がいいですよ。"

部屋の日当たりは重要

"アメリカに住んでいた時の経験です。 物件を何軒が紹介してもらい、最終的に3つに 候補がしぼられ、迷いに迷いました。 1つはとても綺麗で間取りも良く、一軒家です。 庭もあって理想的ですが、家賃が高く、一軒家なので セキュリティが心配です。 2つ目は、日当たりは良いのですが、そこそこ綺麗な アパートです。可もなく不可もなく無難です。 家賃もお手頃でした。 3つ目は高級コンドミニアムです。 エントランスにはコンシェルジュが24時間在中で セキュリティは万全、郵便物も預かってくれます。 ジムにプール、テニスコートにバーベキューをするスペース もあります。 部屋も綺麗で間取りもいいのですが、日当たりが悪いのです。家賃も高いのですが一軒家ほど高くなく、我が家でも払える範囲です。 結局高級コンドに決めました。 日当たりの悪さは住んでるうちに慣れると思っていましたが 住めば住むほど我慢できません。 朝からどんよりと夕方のようです。 じめーっとした雰囲気が常にあり、抜けないのです。 契約の関係で1年間我慢しましたが、それ以上は無理で 日当たりの良い部屋に引っ越しました。 日当たりをもっと考えれば二度手間にならなかったのにと 反省しました。 "

女の一人暮らし

"社会人になり、実家からの通勤に疲れを感じていたこともあり、初めての一人暮らしを始めたころの話です…。 アパートでの初めての一人暮らし、少しの不安感と…大きな期待に胸を弾ませ…もう大人なんだから…と、 アパートの人たちにも きちんと挨拶しなきゃと張り切り一軒一軒まわりました…。 少し常識はずれの気もしますが、今考えてみれば、女性の一人暮らしなのに挨拶に行くなんて…周囲にわざわざ女一人だよ…って 知らせているようなもので、今の世の中では少し危ない行動だったのかもしれません…。 そのアパートは単身世帯用のワンルーム 当然、女の子も住んでいますが、若い男性や、怪しげな男性、口うるさいおばさん等色々な方が暮らしていました。 もともとこの周辺の地理には疎く、会社から近いことと 不動産会社の方の奨めだけで決めたようなもの…この地域の治安があまり良くないことをしりませんでした。 女の一人暮らしということが周囲にバレテしまっているので、 毎日ポストには とてもうれしくないような文面の紙が入っていたり… 深夜遅くには、住民の方なのかドアノブを思い切りガタガタとさせ、開けようしてきたりと…   とても怖い思いをしました…。   始めのうちは友人に泊りに来てもらったりしてもらっていましたが、次第に家に帰ると思うと頭痛や吐き気が収まらず、周囲のすすめもあり、現在の住居に引越しをすることになりました。  一人暮らしを始めようと考えている女性の皆さんは特に…住人や環境もしっかりと、自分自身の目で確かめてから決めたほうがよいと思います。 "


Copyright ©  引越し準備と引越し業者の見積もり比較 All Rights Reserved.